Column of Satoh Kugei

アニメーションする
フローティングペン

「A Man in a Pen, Walking」、
「A Man in a Pen, Swimming」完成!

 「A Project for Making a Floating Pen at least Once in my Life」(以下FPO=一生に一度はフローティングペンを作るだろうプロジェクト 代表:遠藤諭)は、世界でも初めてと思われるアニメーションするフローティングペンを製作、2010年12月より頒布を開始いたしました。
maninapenwalking.jpg

フローティングペンとは?

 フローティングペン(フロートペン)は、ペン軸に封入された液体の中を小さな絵を移動して楽しませる独特の意匠をあしらったペンで、1946年に考案されたものです。以来、このデンマーク「ESKESEN社」のユニークなペンは、世界中のお土産モノ屋や雑貨店で親しまれています。

新しい試み

 ESKESEN社のフローティングペンには、(1)ペン軸の中で乗り物などが移動するもの、(2)人物の服装がとれたりするエッチなものの、大きく分けて2種類がありました。今回、FPOプロジェクトがESKESEN社に製造を委託したフローティングペンは、これらとはまったく異なる特徴があります。

1.ペン軸の中でアニメーション(6コマ)が表示されます。
2.そのアニメーションがペン軸方向にそって泳いだり歩いたりします。
3.「A Man in a Pen, Walking」は実在の人物をビデオで撮影して取り込んだものです。

 隙間から絵を見せてアニメーションする錯視は古くから知られたものですが、これをペンの中で実現するために、約半年の製作期間を費やしました。今回のペンは、コンピュータ上でのシミュレーションを繰り返した上、ESKESEN社との間で都合6本の試作サンプルを経て完成したものです。それが、次の2本のフローティングペンです。

販売情報
(以下のお店で販売されています)

五十音(銀座)
信頼文具舗
MISDIRECTION
アマゾン
(WalkingとSwimmingの2本セットのみの販売となっています)
丸善
丸善(丸の内本店4階セレクション売り場)
京都精華大学kara-S
東京都写真美術館ミュージアムショップ
オペラシティアートギャラリー gallery 5
愛知芸術文化センター ナディッフ愛知
東京都現代美術館ミュージアムショップ

◆制作 A Project for Making a Floating Pen at least Once in my Life
(一生で一回はフローティングペンを作るだろうプロジェクト)
◆スタッフ
 コンセプト&デザイン: 遠藤諭
        Satoshi Endo(@hortense667)
     プロフィール&公式サイト
 撮影&アートワーク: さとうたく
        Taku Sato( http://taku-s.com/ )
◆製造 ESKESEN(エスケセン)社
    Made in Denmark

◆問い合わせ  mailto:zzz@65536.net
【Twitter ID】@hortense667

satoshiendo023.jpeg

遠藤 諭 Satoshi Endo

株式会社アスキー・メディアワークス アスキー総合研究所所長。コンピュータプログラマを経て1990~2002年にかけて日本を代表するパソコン雑誌『月刊アスキー』の編集長をつとめる。同誌編集人などを経て2008年より現職。その間、ミリオンセラーとなった『マーフィーの法則』など単行本や別冊など多数の出版物を手がける。文房具では、経済学者・野口悠紀雄氏の『「超」整理手帳』をプロデュースしたほか、ツバメノートのオリジナル版を作るThinking Power Projectに参画。「一生に一度くらいはフローティングペンを作るだろう!」(A Project for Making a Floating Pen at least Once in my Lifeが目下進行中の個人プロジェクト。

http://www.8-p.net/